CCNA(Cisco Certified Network Associate) 新試験の概要

ノウハウ

CCNAは、ネットワークの勉強をはじめる方や、ネットワークエンジニアになるために資格を取得しようという方におすすめの資格です。企業でもよく使われているシスコのネットワーク機器の扱い方やネットワークの基本といっしょに学べる人気の資格です。 今回、新試験となり新しい内容になります。

CCNAとは

CCNA (Cisco Certified Network Associate)とは、ネットワーク機器メーカーのCisco Systems (シスコシステムズ)が主催しているベンダー資格で、ネットワークの専門的な知識を証明するための認定資格の1つです。認定資格はレベル別に分類されており、CCNA はアソシエイツレベルに相当します。

アソシエイツレベルの CCNA は、ネットワークをこれから学ぶ人にとっても、はじめにネットワークの基礎から幅広く体系的に習得できる資格として人気のベンダー資格です。

しかし、Cisco の認定資格は 2020年2月24日より、試験全般の体系や内容が大きく変わります。この人気の CCNA 認定試験は数多くの専門分野にわかれた体系でしたが、新しい CCNA では1つの試験に統合されます。

CCNA ネットワークエンジニア 新試験

CCNA 新認定資格の概要

以下の試験についての説明は、変わる可能性がありますので実際に受験する予定の方は公式サイトで詳細内容の確認をお願いします。

・認定試験の名前

200-301 Cisco Certified Network Associate (CCNA)

・新試験はいつから?

新しい試験は2020年2月24日より開始

・対象者

試験を受けるための前提条件はありません。
試験のレベル的には、ネットワーク関連の勉強を始めたい方や、専門的な高度なネットワーク技術をもつ証明を取得して仕事に活かしていきたいという方など。

・試験時間

120分

・有効期間

認定資格の有効期間は3年間です。取得から3年以内に再認定試験を受験し合格する必要があります。再認定の方法は、同じアソシエイツレベルまたは上位レベルの試験を合格することで延長が可能です。

試験内容

新試験ではネットワークの基礎から、実際に使われている新しい技術まで幅広い知識が要求されます。

以下は、公式ページ記載の試験範囲です。

-ネットワークの基礎
-ネットワークアクセス
-IP 接続
-IP サービス
-セキュリティの基礎
-自動化とプログラマビリティ

ネットワークの基礎として必要な知識の範囲に加えて新しいネットワーク技術もそれぞれの項目に追加されている感じです。
基本的なネットワーク用語や仕組みの理解から、ネットワーク機器の機能やプロトコルの動作などの知識が幅広く求められます。以下に各項目の内容を簡単にして表にしました。

CCNA ネットワークエンジニア 新試験の概要

特に自動化とプログラマビリティは、新試験で大きく変わったところに見えます。また、CCNAとは別にこの自動化とプログラマビリティがメインテーマになるような認定資格(DevNet)も新設されています。

現役のネットワークエンジニアにもまだ浸透していない分野で、従来のネットワークの学習とは違い見慣れないワードも多いですが、IoT や AI 、クラウドなどどんどん大きく複雑になるネットワークの構築にはこれから避けては通れない分野になるでしょう。

さいごに

これから受験しようという方にとっては、新しい試験に向けた問題の傾向や対策を準備するにはまだ情報が少ないため、しばらくは合格が難しい状況になると予想されます。書籍やWebサイトでの情報がある程度揃うまではもうしばらくかかりそうです。

参考リンク

内部リンク

未経験からネットワークエンジニアを目指す勉強方法

Cisco のコンパクトスイッチ Catalyst 2960G-8TC-L レビュー

Cisco L3スイッチ Catalyst 3750G-24T レビュー

外部リンク

シスコ – 日本 – Cisco


コメント