自主TRAINING!

ドローン
DSC_0476

ドローンでイメージ通りの映像を撮影するにはどうすればよいだろうか?
勝手気ままに飛ばして空撮することは簡単ですが、狙った映像を取るのはなかなか難しい。
そんな時は練習あるのみ!

さて、どんな練習をすれば撮影技術の向上に繋がるだろうか?
どんな動きで撮影するかをイメージして試すしかないと考えました!
ここでは『こんな自主トレしてます』的なことを載せていこうと思います。
何かの参考になればよいのですが…その前に役に立つ練習であればよいかな?

1.対象物を中心に扇状に旋回して撮影

 例えば、撮影対象を中心に180度移動しながら撮影するなんてどうでしょう?
 対象は「花」でも「人物」でも何でもよいです。
 取りたい対象に出会うのは突然かもしれません!その時のための練習です!!

 ◆イメージ図

 仮の対象物を定めて、その周りを扇状に撮影しながら旋回します。
 対象物を映像の中心に捉えて低速で旋回することを目標とします。

◆ドローン視点

映像がカクカクしているのは電波状態が良くないためと推測しています。
Telloは動画データを本体に保存するのではなくスマホに保存しているので電波状態によってデータ落ちするのではないだろうか?
実際、スマホのアプリ側にも電波状態が良くないというメッセージ(オレンジ文字)で表示されていました。
また、そよ風程度でも揺れてしまうのは機体の軽さ故でしょう(苦)

この『扇』の軌道を延長させると、当然『円』の軌道になるので、対象を360度撮影できるわけです。

タイトルページへ

コメント