[Visual Studio Code] System InstallerとUser Installerの違い

Visual Studio Code Installerの違いコラム

概要

このページでは人気のマイクロソフト社が提供する人気のコードエディタ「Visual Studio Code(以下、VS Codeと記載します)」のインストーラーの違いについて記述します。

提供されるインストーラーの種類

現在(2021.04)次の2種類のインストーラが提供されています。

System Installer

このインストーラーを使用してインストールを行うと、そのコンピュータを使用するすべてのユーザー(アカウント)でVS Codeを使用することができるようになります。
インストールにはコンピュータの管理者権限が必要です。

User Installer

このインストーラーを使用してインストールを行うと、現在ログインしているユーザーでのみVS Codeを使用することができるようになります。コンピュータを共有する他のユーザーに影響を与えずにVS Codeのインストールができます。コンピュータの管理者権限を持たないユーザー(アカウント)でもインストール可能です。
マイクロソフト社の公式ページではUser Installerが推奨されています。
(Visual Studio Code Release notes)

その他(zip形式)

インストール不要のいわゆるポータブル版も提供されています。
自動アップデート機能がないので最新版は自身の手で入手する必要がありますが、USBメモリに入れれば他のコンピュータでもVS Codeを使用することができます。
出張先のコンピュータで一時的に使用したり、ソフトウェアの追加インストールが許されていない業務用コンピュータで使用するなど気軽にVS Codeを使用することができます。

選択に迷ったらUser Installerがおすすめです

ひとりでコンピュータを占有していたり、全員が同じアカウントで使用している場合にはどちらのインストーラーを使用しても同じように使用することができます。
どちらが良いか迷う場合には推奨されているUser Installerの使用をお勧めします。

コメント